コンサート当日がもっと楽しくなる! 「ぴあアリーナMM」開業

ぴあアリーナMM

掲載日:

更新日:

ぴあアリーナMM(イメージ)
ぴあアリーナMM(イメージ)

みなとみらいに新たなイベント会場となる「ぴあアリーナMM」が、ぴあ株式会社の創業日である2020年7月10日(金)にオープンしました。

観客を入れてのイベントは8月からの予定ですが、一足先に取材させていただきました。その様子をご紹介します!

#ぴあアリーナMM
#イベント会場
#ホスピタリティラウンジCLUB38
#売店FOODIESSTAND
#カフェダイニングTheBlueBell

約1万人収容の新たなイベント会場

ぴあアリーナMMは、みなとみらい線「みなとみらい駅」から徒歩7分、JR「桜木町駅」から徒歩8分で、横浜ランドマークタワーの近くにオープン。

コンサートに最適化したこだわりのアリーナです。

ぴあアリーナMMの外観(画像提供:ぴあ(株))
ぴあアリーナMMの外観(画像提供:ぴあ(株))

建物は地下1階地上4階建て。そのうち客席は1階から4階まであり、収容人数は最大12,141人です。

当初は4月25日に開業予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で延期となり、2ヶ月半越しの2020年7月10日にオープン。横浜出身のトップアーティストゆずが「栄光の架橋」を歌うこけら落とし映像が4時間限定で配信されました。
(その様子はこちら→https://pia-arena-mm.jp/news/647.html

気になる中の様子は・・・

ぴあアリーナMMの内観
ぴあアリーナMMの内観

黒色で統一された座席で、スタイリッシュな内装になっています。これは、イベントの演出を引き立たせるため、黒色が採用されたそうです。

座ってみると、座面も背もたれもクッション性があり、着席型のイベントでも快適に過ごせそうです。

さらに、それぞれの座席にはカップホルダーがついているのも特徴の一つ!

飲食をしながら盛り上がる海外のイベント会場を参考にしたこだわりなのだそうです。
(イベント主催者により飲食できない場合もあります。)

ステージ側から見た観客席
ステージ側から見た観客席
カップホルダー付きの座席
カップホルダー付きの座席

また、最大1万人以上を収容する会場ですが、ステージと客席の近さに驚きました!

これは、客席を重ねるように配置した縦長の箱型構造になっているから。実際に、4階の一番後ろに行ってみると・・・

箱型構造でスタンドからステージの距離が近い!
箱型構造でスタンドからステージの距離が近い!

写真中央奥にステージが設置されていたとして、ここからでも、ステージを近くに感じられます!

ステージは固定ではなく、主催者によって変わるためさらに近くにステージが建てられることもあるかも・・・?

ただ急勾配になっているので、高所恐怖症の方にとっては、4階最前列は少し怖いかもしれません・・・。盛り上がりすぎにはご注意を!

さらに、残音時間が短くなるよう吸音設備がしっかりとしているので、より音楽を楽しめる環境になっています。

「その一日が、もっと楽しい。」イベント前後も楽しめる飲食サービスが充実!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
ホスピタリティラウンジ「CLUB38」
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

イベント当日、チケットを持っている方のみが利用できる有料ラウンジがあります。

それがこちらの予約制ホスピタリティラウンジ「CLUB38」。

エレベーターで建物3階へ上がります
エレベーターで建物3階へ上がります

ガラス張りでみなとみらいの景色が楽しめます
ガラス張りでみなとみらいの景色が楽しめます
約80席で広々としたラウンジ
約80席で広々としたラウンジ

ちなみに38という数字は、ぴあアリーナMMが「みなとみらい21中央地区38街区」に位置しているというところからつけられています。

昔懐かしいオーディオプレイヤーなどをあしらった家具や、鍵盤をモチーフにした鏡があったりと、遊び心満載の内装で、ライブが始まる前から気分が盛り上がります。

オーディオプレイヤーなどをあしらった家具
オーディオプレイヤーなどをあしらった家具
ピアノの鍵盤をモチーフにした鏡
ピアノの鍵盤をモチーフにした鏡

入口には雑誌の表紙気分を体験できるフォトスポットも!
入口には雑誌の表紙気分を体験できるフォトスポットも!

食事やドリンクが楽しめるほか、ソニー製の高音質ヘッドホンの貸し出しサービスもあり、好きな音楽をいい音で聴いて、ライブに向けて気持ちの準備を整えることもできます。

入口付近の壁一面に並ぶソニー製高音質ヘッドホン
入口付近の壁一面に並ぶソニー製高音質ヘッドホン
当日のコーディネートをより可愛く撮影できそうな女性用化粧室
当日のコーディネートをより可愛く撮影できそうな女性用化粧室

※利用料は通常プラン3,500円。主催者によりオープンがない場合もあります。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
売店「FOODIES STAND」
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

1階から3階それぞれにある売店では、ここでしか味わえないメニューが盛りだくさん!

売店「FOODIES STAND」
売店「FOODIES STAND」

中でも注目は、ボリューム満点のホットドッグ。使用されているソーセージとバンズはオリジナルで、クラシック・チーズ・メキシカンの3種類があります。

また、華やかな香りが印象的なオリジナルのクラフトビールも販売されています。

こだわりのオリジナルメニュー(提供:ぴあ(株))
こだわりのオリジナルメニュー(提供:ぴあ(株))
タッチパネルのセルフレジで並ぶ時間が短縮されそうです
タッチパネルのセルフレジで並ぶ時間が短縮されそうです

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
カフェダイニング「The Blue Bell」
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

チケットを持っていなくても、イベントのない日でも利用できるカフェダイニングもあります。

2階場外のカフェダイニング「The Blue Bell」(提供:ぴあ(株))
2階場外のカフェダイニング「The Blue Bell」(提供:ぴあ(株))
「The Blue Bell」の内観(提供:ぴあ(株))
「The Blue Bell」の内観(提供:ぴあ(株))

本格的なピザ窯で焼き上げたピザや見た目も楽しめるオリジナルドリンクなどが味わえます。

今後、公演を行うアーティストとのコラボレーション企画があるかも・・・?

ピッツァスペシャリティ「ビーフラグー/ブラータ」 1800円(税別)
ピッツァスペシャリティ「ビーフラグー/ブラータ」 1800円(税別)
サフト&ソーダ 各650円(税別)
サフト&ソーダ 各650円(税別)

URL

カフェダイニング「The Blue Bell」について詳しくはこちら

ラグジュアリーな主催者・関係者用スペース

会場内には主催者・関係者のためのスペース「Suiteルーム」と「Suiteラウンジ」があります。

※どちらも一般の方の利用、立ち入りはできません。

主催者・関係者用スペース「Suiteルーム」
主催者・関係者用スペース「Suiteルーム」
主催者・関係者用スペース「Suiteラウンジ」
主催者・関係者用スペース「Suiteラウンジ」

「Suiteラウンジ」は大理石が使われているなど、3階のホスピタリティラウンジよりゴージャスな雰囲気。こちらも設備一つひとつまでこだわりのつまった空間です。

また、「Suiteルーム」のゲスト用の席は黒革でゆったりとしています。

女性用化粧室には照明で飾られた鏡も
女性用化粧室には照明で飾られた鏡も

まだまだある! ぴあアリーナMMの魅力

1階のエントランス前には、8本の柱それぞれに大型ディスプレイが設置され、アート作品が投影されます。

パブリックスペースなので、イベントがなくても、チケットを持っていなくても楽しめます。

(11:00~20:00の間、1時間に2回の投影です。)

1階場外の「モーション コリドー」
1階場外の「モーション コリドー」

また、カフェダイニング「The Blue Bell」の入口手前にはパブリックアートも。

イベントやカフェに来られた方や、歩行者の目も楽しませてくれます。

安西水丸「Flying Tomato」
安西水丸「Flying Tomato」

イベントに参加できる日が待ち遠しい!

今回紹介したほかにも、来場者を楽しませる仕掛けがたくさん詰まったぴあアリーナMM。

コンサートツアーなどで「自宅から近いからこの会場」という選択だけでなく、「ぴあアリーナMMでやるから行きたい!」と思ってほしいというこだわりを感じました。

イベント当日がより特別な一日になりそうです! 

ぴあアリーナMMの取材動画(撮影:横浜観光情報)

「ぴあアリーナMM」概要

【基本情報】
場  所:横浜市西区みなとみらい3-2-2
敷地面積:12,000㎡
延床面積:約23,000㎡
階  層:地下1階~4階

【席数】
アリーナ(1階):着席時3,980席/立見時6,064席
スタンド席2階:3,150席(車イス10席・立見含む)
スタンド席3階:1,680席(車イス10席含む)
スタンド席4階:1,247席(Suiteルーム用44席含む)

【問い合わせ】
イベントに関する内容やチケット情報については、各主催者へお問い合わせください。

URL

「ぴあアリーナMM」公式サイトはこちら

もえ(横浜観光情報 編集部)

平成生まれ女子・横浜カラー強めの東京都出身
ちょっと自慢は手話、スキー。好きなものは、旅行、楽しいドラマ・映画、伏線をたくさん回収する小説、大自然の中でのアクティビティ、ご当地ビールと餃子。
横浜ファンの皆さんに、ワクワクするような情報をお届けします!

もえ(横浜観光情報 編集部)の記事一覧